2024-02

GREEN HOUSE GH-KANARS-8GK (MP3プレーヤー)

GREEN HOUSE GH-KANARS-8GK
RIMG1251.jpg
箱有り 取説有り イヤホン無し。
本体の内蔵8Gの他に microSDカードが使えるとういことで
中古で手に入れた。
元々 安物のMP3プレーヤーである。

早速、手持ちのイヤホンで聴いてみたが
とんでもない音質だったので、ネタにすることにした。(^^;;

低音が全然出ないのである。
もちろんイコライザーはかけていない、
音はイヤホンによるところが大きいが、そういうレベルではない。
チキチキである。・・・なんじゃこりゃー(^^;;
で、しばらくほうって置いたのだが、
出力をアクテイブスピーカーに繋いでみたら・・凄くまともである。(低音出てる)
そんなバカな・・・で、イヤホンで聴くとやっぱり低音無い。

実は過去に こんな音聞いた経験がある。
それは ラインアウトにヘッドホンを繋いだときこういう音がしたことがあった。

それはさておき、言葉で言ってもアレなんで
検証。
音源はこれ
RIMG1234.jpg
テストCD
ピンクノイズを使う。(全ての周波数帯に一様のレベルで含まれているノイズ)
これを320kdps MP3 変換して転送 再生した。

RIMG1245.jpg
プレーヤーの出力は小さいので
ミキサーで受けて増幅してステレオ機器に送り
グライコのスペクトルアナライザーで見る。
RIMG1244.jpg
ミキサーはライン受け F特は低音が盛り上がってる位だ。
アクテイブスピーカーに繋いだときに相当する。

次にイヤホンを繋ぐ
RIMG1239.jpg
二股つけて audio-technica ATH-CKM50 を繋ぐ
インピーダンス16オーム
RIMG1246.jpg
2KHz以下からスパッとカットされているのがわかる
ミキサーのゲインを上げてみても
RIMG1247.jpg
無い物は無い。・・・というか これはハイパスフィルターですねー。見事な特性です(^^;;

で、何が言いたいかと言うと、
このプレーヤー ヘッドホン出力回路の設計 間違ってると思います。(^^;;
出力カップリングコンデンサーの容量が全然少ないのでは無いかと。
16オームで受けると 2KHz以下 -6dB/oct て感じかなー。

そこで、こんなの繋いで見る
RIMG1243.jpg
audio-technica AT3A50ST
イヤホンと本体の間に挟んで音量下げる奴です。
これ、テスターで測って見たら
普通のボリューム的な繋ぎではなくて
450オームのボリュームがイヤホンに直列に入ります。
単純な抵抗アッテネーターですね。
これを入れて スライドボリューム半分にして
その分 プレーヤーの音量上げると
RIMG1249.jpg
低音が出てきます。

てことで、このプレーヤーは 
イヤホンではなく アクテイブスピーカーに繋ぐか
ヘッドホンアンプを間に挟むとか
とにかく ハイインピーダンスで受けないと
まともに聞けないということですな。(;゚Д゚)


コメント

GH-kanaRS分解結果

分解を決断させる情報になりました、ありがとうございました。

5mW出力だからDAC最終段のオペアンプ出力と思うけど、こんな音の悪いオペアンプがあるはずないもの。ハイインピで受けてf特改善は決定的。
と云うことで即分解。

お返しの情報です。

ご明察の通りカプリングは10uセラコンだけ(ランドパターンからは計算間違い?)。
220uクラスと交換(安定時の極間DCは1.5V実測)。すごく良い音とは言えないけど、普通の良い音にはなります。
低耐圧/チップの導電性高分子アルミ固体電解かタンタルなら『筐体に入れられる』サイズがあるものの、ご存知のように両者ともカプリング使用は禁止されています。分解共々完全に自己責任です。

円筒型だと内蔵は厚さ方向が厳しく、Φ4.1mmが限界(手持ちでは電解6.3V/47u)。DACも堅い音なので固体電解やタンタルより、ぬるめの電解コンデンサをリードで引き出してストラップにした方が、音質的にも使い勝手にもカプコン着せ替えにも良いかも。

なお分解は裏面のネジを外した上で、LCDのカバーアクリルから。
内フレームに両面テープ(あまり強力ではない)でついているので、下側左右角部、操作パネルとの境目から。カバーアクリル角部を吸盤か、境目から製図用字消板を入れて持ち上げる。両面テープはクリープ挙動をするから、吸盤に重りぶら下げて数日放置かも。
これが外れると、内フレームが上下にそのまま抜ける。
操作パネルは裏面上下のタブで、カバーアクリルと筐体に引っ掛かっているだけ。

Re: GH-kanaRS分解結果

コメントありがとうございます。

> と云うことで即分解。
おっと。分解されましたか。
当方 分解の仕方が分からず。
実は 当製品は もう処分してしまいました (^^;;

> ご明察の通りカプリングは10uセラコンだけ(ランドパターンからは計算間違い?)。
やはりそうでしたか。10uとは・・・ラインアンプ的な値ですね。

>ぬるめの電解コンデンサをリードで引き出してストラップにした方が、
>音質的にも使い勝手にもカプコン着せ替えにも良いかも。
なるほど カプコン外付けという手がありましたねぇ。
処分する前に試してみればよかったかも。

> なお分解は裏面のネジを外した上で、LCDのカバーアクリルから。
最近の物は分解の取っ掛かりが見つけにくいですよねぇ。
この辺は 勘とか センスとか そういうところです。
当方は分解できずにあきらめましたが・・(^^;;
いづれにしても この製品は 設計ミスという線が濃厚ですねぇ。

拍手コメントくれた方へ

まともな機器ならば、この様なアッテネーターを繋いで音質(F特)がこれほど変わることはありえません。この機種は出力回路がダメダメということですね。(^^;;

大変助かりました

大変助かりました。
私もGREEN HOUSE GH-KANARS-8GKが諸事情で頂いて、ガマンして使っていたのですが、偶然このページを見つけました。
記事の中のようにaudio-technica AT3A50STを抵抗アッテネーターとしてやってみました。
本当に効果は絶大ですね。

本当に助かりました。ありがとうございました。

コメントありがとうございます。

お役に立てて何よりです。
アッテネーターをはさむのは
応急手当としては有効だと思います。
kana RS 発売されてから2年以上経過していますが
いまだに店頭にあるようです。
びっくりです。(^^;

本当に助かりました

初めまして。某アルファベット一文字電気に行って嫁さんと一緒に買ったのですが、もう本当に投げつけたくなるくらいスカスカな音でやっぱり分解して改造しないとダメかなと諦めていましたが、購入したその日にこのページにたどり着きました。

教えていただいたボリュームコントローラーを間に挟み聞いてみたところ、劇的に変わりました。

本当に本当に感謝いたします。やっぱり回路に詳しい方のは文系ドシロウトの私にとって神のような存在です。本当にありがとうございました。

コメントありがとうございます

お役に立てて何よりです。
この記事を書いたのは だいぶ前 2013/04 ですが
この機種まだ売られていたんですね。
おどろいております。(^^;;

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

黄昏ぱんだ

Author:黄昏ぱんだ
性別:男
年齢:--
子どもの頃好きだったアニメ 
  :ハクション大魔王
好きなタレント 
  :Perfume しょこたん
好きな言葉 
  :石橋を叩いて壊して渡れない。

   カウンタ  : 
現在の閲覧者数 :  

最新記事

Tree-Comment

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
楽器 (55)
オーディオ (81)
くだらない話 (126)
家電 (63)
PC (97)
車 (95)
工作 (24)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR